読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもといきる

Everything has Light and Darkness

このブログについて

こどもといきる 光と闇 そのどちらも含めて

私は母ですが、母である前に一人の社会人であります。

「こどもといきる」ということは、 どういうことなのか??

日々の苦しみや喜びの中で考えています。

 

そして・・・・

こどもを通して出会ったモノ。

そのモノの光と闇の両方に目を向けていきたいと思っています。

 

裁かない・ジャッジしない

育児をしているといろいろな呪いにかかることがあります。

私がかかった呪いをご紹介すると・・・

  •  自己肯定感が低い子どもに育ててはいけない
  •  自分で困難を乗り越えていける子どもに育てなければいけない
  •  ○○○○教育/○○育児は素晴らしい!
  •  ○は毒。食べさせていけない。摂取してはいけない。

など

 

これらの呪いは、すべてが正しく、すべてが間違っています。

この世の中で絶対の正義などあるはずがありません。

だからジャッジしない裁かないことを心がけます。

 

親の意図に乗らない息子 と 苦しい育児

これらの呪いを解いてくれたのは、息子でした。

この記事を書いている時点で2歳8ヶ月になります。(2013年10月生まれ)

 

とにかく、親の意図に沿ったことを絶対にしない息子でした。

 f:id:moana358:20160615001259p:plain

  • 私が良かれと思って作った教材には絶対にやらない。
  • 集団行動できない。
  • 私の言うことと逆のことをする。
  • 集中しない。
  • あぶない。キレイ好き。うるさい。

 

そんな息子を見ているのが本当に苦しかった。

他の子はできるのに、なぜうちの子はやらないのか。能力で劣っているわけではないのに。

 

でも、そんな息子がいたからこそ、「ああ、あれはただの呪いだったんだ」と気づくことができ、少しづつ呪いから自由になっています。

 

このブログではそんな日々を綴っています。