こどもといきる

Everything has Light and Darkness

おもちゃラボー20面体お手玉製作 2016年6月20日

本日、おもちゃラボ開催いたしました。

今日の製作はストローで作る正20面体お手玉

 

昨日の夜遅くまでかかって、準備しました。

f:id:moana358:20160620170222j:image

 

それを、子どもたちにまずは破壊してもらいます。

子どもの遊びはまず破壊から

f:id:moana358:20160620170303j:image

↑瞬殺

 

ことあと、ママたちに直してもらいました。

一度、破壊を経験すると、次回は子どもに壊されても気にならなくなります。

 

f:id:moana358:20160620171238j:image

 

 

 

自転車に自分で乗りたーい!

自転車でお出かけしようと

準備をしていると、

「自分で乗る!」

 

いや、絶対無理でしょ。

と、思いつつ

「いいよー、やってみて〜。」

f:id:moana358:20160617231758j:image

 f:id:moana358:20160617231754j:image

 

ぎゃー。

乗れてしまたー

江ノ電に乗りたーい!

本日は江ノ電に乗りに行きました。

 

まずは大船から湘南モノレールで江の島へ。

f:id:moana358:20160618172537j:image

 

そして、少し散策。

えのでんはうすで江ノ電のおもちゃで遊び…

f:id:moana358:20160618183452j:image

 

クアアイナでランチ

f:id:moana358:20160618183405j:image

 

江ノ電で、鎌倉へ。

f:id:moana358:20160618183541j:image

 

江ノ電、激混み。

 

子連れ鎌倉旅は平日がお勧めだと痛感した1日。

 

 

 

スリッパでストライダー乗りたい!

今朝のこと

息子「スリッパ履いていく!」

私「うーん…(しぶしぶ) いいよ」

 

玄関を出て

息子「ストライダー乗ってく」

私「えっ!……い、いいんじゃない」

 

こういうこと許しているから、

知らないおじさんに「危ないじゃないか」って怒られる・・・・

f:id:moana358:20160617153237j:image

 

 

そして遊びの帰り道、

息子「スリッパ履きたくない!靴履く!

  ストライダー乗らない!」

 

あ、焦るな。落ち着くんだ!問題を切り分けるんだ!

 

朝、スリッパを履きたいといったのは息子。

朝、ストライダーに乗っていくといったのも息子。

 

結論:だから私は何もしない。

 

私「えーと。靴はないよ。

  ストライダーは乗らなくていいよ。引いて帰ればいいんじゃない?」

 

という訳で息子、大号泣。

泣きながらストライダーを引いて家まで帰りましたとさ。

 

 

できるだけ要求は聞くが、責任もとらせる。

というのが、私の基本方針。

 

スリッパで乗りたきゃのればいい。

転んで痛い目にあうのも学びのうち。

泣いて帰らなきゃいけないのも学びのうち。

 

 

子どもの理不尽な要求って、だいたい対応が3つに分かれると思うんだけど、

 

  1. 事前に言って聞かせて、要求をやめさせる。
  2. 要求を飲んで、後からダダこねても責任は取らせる。
  3. とにかく子どもの要求を飲み続ける。

 

「正解」はないのですよ。

私の基本は「2」だけど、状況や要求の内容によっては「1」「3」もあり。

どれを選んでもいい。

 

ただ、基本はどれか?を決めておくと、

ブレたり、悩んだりしなくて済むかもね。という話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は京王れーるランドへ

安い!遊べる!

雨の予報の今日は、京王れーるランドに行って来ました。

 

京王線、結構遠くまで来たのに運賃安い!

キレイ!

プラレールで遊べる!

室内アスレチックで遊べる!

 

▼車止めが多すぎるレイアウト

f:id:moana358:20160616234538j:image

 

雨の日、まるまる1日時間潰せるので好きー♪ 

 

フェルトボールさんすう

フェルトボールさんすう とは

 

五感体験を通した幼児教育 家庭教育力研究所 | 福岡県北九州市 の

上野真弓先生が開発した

フェルトボールを使った「お道具」さんすうです。

 

今後、当ページで、フェルトボールさんすうに関する

情報を公開してまいります。

※準備中につき少々おまちくださいませ。

 

 

 

子どものころ、算数と数学が大の苦手だった私ですが、

フェルトボールさんすうに出会い、

算数や数学の世界にの魅力に引き込まれてしまいました。

f:id:moana358:20160615145129j:plain

 

歌って踊れるさんすうパフォーマーを目指して勉強中です。

 

イベント情報

受付中

さんすう嫌いさんのための おはなしすうぽっちギャラリー

今回のイベントは以下のような方におすすめです。

  • お子様の「さんすう嫌い」でお困りの方
  • お子様に「自分で考える力」をつけてほしい保護者の方
  • お子様へのさんすうの教え方を知りたい教育関係者の方
  • 塾に通わせずに東大に行く方法を知りたい方
  • 子どもの頃、さんすうが嫌いだった大人の方

お子様が「さんすうが大嫌い」「文章題が出来ない」

「思考力がなくて、初めて見る問題が解けない」など

で困っている保護者のお話をよく聞きます。

 

原因は

  • 生活の中で算数を使うという”実体験”が伴っていない。
  • 「算数は答えを覚えるもの」という勉強方法が身についてしまい 自分で考えることが出来なくなっている。
  • ドリルなど紙のお勉強から入ってしまったために、さんすうが苦痛になってしまっている。

などが考えられます。

 

これを直すにはどうしたらいいでしょうか?

それは「さんすうは楽しいもの」というスイッチを押してあげるだけ。

そのためには”アート”の力を借りるのが一番です。

 

今回はさんすうパフォーマーの上野先生が

100匹のフェルトの動物たちを引き連れて東京にやってきて

楽しいさんすうアートの世界を展開します。

 

実際には以下のようなさんすうの問題を ご来場のみなさまに解いていただきます。

▼おはなしすうぼっち

ameblo.jp

 

たった1度、このアートに触れるだけで・・・・あら不思議。

子どもたちの「さんすう大好きスイッチ」がONになりますよ。

今回は「無料」でご参加いただけます。 ぜひこの機会にご来場ください。

********************

さんすう嫌いさんのための おはなしすうぽっちギャラリー

■日時:2016年7月18日(月・祝) 10:00-15:00

※この時間内で好きな時間にご来場ください。

※混雑時には入場制限をさせていただく場合がございます。

※混雑時には滞在時間を制限させていただく場合がございます。

 

■参加費:無料(事前のお申し込みが必要です)

■場所:東京都中央区浜町 久松警察署付近 (詳細な会場はお申込者にお知らせいたします)

■対象:小さな赤ちゃんから、昔さんすうが嫌いだった大人まで年齢/国籍を問いません。

********************

▼お申し込みフォーム  http://goo.gl/forms/ktddvrFIudyEEbCr2

 

【講師紹介】 算数担当講師・パフォーマー 上野 真弓(うえの まゆみ)

PROFILE/数学を専門とし、大学受験指導に長年携わる。長女は芸術大学、長男は東大へ進学。現在は、家庭教育力研究所の事務局長として、五感体験を通した幼児教育や教育者向け講演会を行っている。 (上野先生からのメッセージ) 大学受験指導を長く行ってきました。そこで思う事は、幼少期の数的・図形的感覚磨きの大切さです。それは、教科書やドリルの中にあるのではなく、日々の暮らしや遊びの中にあります。 単純な手作業を繰り返す中での、数の有用性や形の持つ意味への自らの気づき・発見は、その後の算数・数学を習得する上で大きな力となります。そして数学力は“物の本質の抽出力”であり、“課題解決力”でもあります。 この力は、お子様が人生を歩む上で、大きな助けとなります。偏差値では決して表すことのできない力を、手間暇かけて育てていきましょう。

 

受付終了

2016年6月20日 100均材料で作るー手作りおもちゃラボ

次回6月20日のテーマは「多面体」と「破壊」。
 
「実体験が伴っていない」ことの弊害について最近よく耳にします。
図形にしろ、立体にしろ紙に書かれたものだけしか見たことがないので、
全然、図形問題がわからないというのです。

あと、大切なのは作ったものを壊すという「破壊」という行為。
この「破壊」行動をどう受け止めるかが、
賢い子になるかどうかの分かれ道。

今回は、図形が得意になるおもちゃ。
家庭教育力研究所 上野真弓先生 開発の
【ストロー20面体お手玉】を作ります。


 f:id:moana358:20160615143210j:plain

 

  • 日時:6月20日(月)10:30-11:30
  • 場所:わなびばKITCHEN333
  •    〒103−0004
  •    東京都中央区日本橋3-3-3 野田ハーベストビル1F
  •  
  • 地図:http://wa-kitchen333.jp
  • 定員:乳幼児親子 限定5組
  •  
  • 参加費:1000円+材料費
  • ※6月20日の材料費は100円です。


★申込方法 伴野(moana358@gmail.com)宛に以下の内容をお送りください。

件名:「6月20日 おもちゃラボ申し込み」
本文:①ママとお子様のお名前 ②お子様の年齢・月齢