読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもといきる

Everything has Light and Darkness

コミュ障が語る「キラキラフィーリング系女子」の傾向と対策 (その1)

私の中で、以下のような特徴を持つ人を

「キラキラフィーリング系女子」と呼んでおります。

 

  • 女子力高い
  • 私たち(特に自分)ってサイコー☆、と信じている。
  • 「◯◯◯(歌詞、歌手、小説、映画など)って超泣けるー」が口癖。
  •  (ちょっと年がいくと、「すごく良かった。感動した」になる。)

 

 私のようなコミュ障が苦手とするタイプ。

最近、キラキラ系フィーリング女子にヤられることが多かったため

自分なりに反省と自戒を込めて傾向と対策をここに記します。

 

でもこういうタイプも2種類います。

 

 (1)天然系キラキラ女子タイプ(社交的・感情優位タイプ)

f:id:moana358:20160717234937p:plain

 

特徴

  • 天才肌。情熱で生きているような人。起業ママに多い。
  • 人を巻き込むのがうまい。
  • 思っていることを口に出しちゃうので、人を傷つけることもある。本人に悪気なし。
  • 計画性がない。その時に適当にやればいいと思っている。
  • 困ったことは誰かに頼ればいい。
  • 波乱万丈な人生を送っている。
  • 自分の得意分野では、強い信念を持っている。
  • しかし、自信がない分野では他人(権威がある人)の言うことを簡単に信用するので、次の日に突然意見が変わることもあり、周りは大混乱することも。

 

天然系キラキラ女子タイプへの対策

 

一見すると天才肌です。

情熱的なので、起業しても成功するまで諦めないタイプが多い。

だから、結構周りが担いだりするのがこのタイプ。

でも、実は論理的にはザルだったり つめが甘かったりして、トラブルも多い。

 

困難を乗り越える強靭なハートと、 生まれ持った運と、

トラブルもドラマに変えてしまう自己陶酔性を持っているので

割とすぐにトラブルのことは忘れます。

 

自分の価値観や好きなものを押し付けてきますが、本人に悪気なし。

適当な相槌をうつと、共感してくれたものと勘違いして

いろいろなことに巻き込まれます。

 

もし、興味のある分野で巻き込まれたなら

行動を共にしてみるのも”あり”だと思います。

 

ただ、人を巻き込んだ時点で「格上」「格下」が決まります。

もちろん、巻き込まれた方が格下。

「ちょっと、意見が合わないんだよな」と思ったら去った方がいいでしょう。

 

こいつらは自分より格上の人間の意見はすぐに聞きますが、

格下の意見など聞いているフリはしますが、スルーです。

 

仕事で付き合う場合には、このタイプの尻拭いをさせられることも。

同調しつつ距離を置く術を身につけることが大切です。

 

仕事の抜けや漏れや間違いを指摘すると

「じゃあ、あなたがやって」となるので、仕事が増えます。

 

細かいことはできるだけスルーする、

絶対に余計な指摘をしない。手伝わない。

と心に決めて仕事をしましょう。

 

どうしても仕事上で付き合わなければならない場合は

「自分の価値観」「仕事をどこまでできるか」 「(お金がからむ場合は)契約の条件」をはっきり伝えます。

 

このタイプは傷ついてもすぐに立ち直る(すぐ忘れる)ので、

自分の意見をとにかく強く主張することが大切です。

 

ちなみに、私はどちらかというと全く正反対な(内向的・論理優位タイプ)なので

こういうタイプの人に巻き込まれ、こいつらの尻拭いをしてきました。

 

こういう人たちを自分がうまく利用できるぐらい

うまく立ち回れるようになりたいと、最近思います。

 

(つづく)

ありのままで生きるなんて可能なのか?

基本的には私の性格や「闇」だと思います。

  • 何か言われれば批判をしたくなる。
  • 誰かが熱狂的に支持されれば、欠点を見つけたくなる。

 

そういうひねくれた人間です。

 

でもひねくれた人間だからこそ得意とする分野もあります。

たとえば、システムのテストとか。

「不具合があるに違いない」

「ユーザーはとんでもない操作をするに違いない」

という目でテストするので、プログラマーが嫌がるような項目をテストします。

 

あとは、立ち上げたばかりの幼児教室の講師養成講座のテキストを作成したことも。

「先生が教えてくれたことは、どういう根拠があるのか?」

「例外パターンは存在しないのか?」

など、ひねくれた目でチェックするので、

割としっかりとした根拠に根ざした風味

テキストが作り上げることができたわけです。

※幼児教育というのは因果関係がはっきりしない分野なので

 それっぽい根拠を書いておくだけで、

 素直な人を簡単に信用させることが可能なだけだったりします。

 

 

でも、日常生活においては

そんなひねくれた性格を隠さざるをえません。

だいたい、人に嫌がられるのがわかっているからです。

 

 

こういう闇な部分をブログに吐き出して、

自分を偽っている限り、ありのままに生きるなんて不可能だと

思わずにはいられないのです。

 

批判をストレートに口にだしたら、楽に生きられるんでしょうか?

室内遊園地@西船橋  ※電車も一応見える

今日は西船橋まで遠征。

西船橋から徒歩5分ほどの

プレイキッズガーデンに行ってきました。

 

playkidsgarden.com

 

入園料って、一般的には

1日パスか、パック料金か、時間課金かを

入場前に決めないといけないのですが…

 

なんと、ここは退場時に一番安い料金を適用してくれるという、

素晴らしいシステム!

 

f:id:moana358:20160711231408j:image

 

おもちゃもたくさん、

エアートランポリンもあり、

2時間たっぷり遊べました!

 

線路沿いなので、一応電車が見えますが、

窓に模様付きのシートが貼ってあり

見え方はイマイチ。

 

月曜日だからなのか、午後だったからなのか

5組ほどしかお客さんおらず

ゆったり、大満足でした〜^ ^

プラレール日本地図

書店にて、プラレールの日本地図を発見!

お値段700円!

 

f:id:moana358:20160710233402j:image

 

残念ながら、息子の反応はイマイチ( ;´Д`)

超マイナー幼児教育協会の理事を退任

実は、ワタクシ 超マイナーな幼児教育の協会の理事をやっておりました。

 

ただ、その「幼児教育の理事」という肩書きが、しんどかった。

 

だって、子供叩いたり、泣かせて放置したりして、

それを影でブログに書いちゃうようなダメ母が

幼児教育語るなんておかしな話だし、

 

 

幼児教室の宣伝をしようと思うと、

ただの息子自慢みたいになってしまい、

息子自慢してる自分自身が気持ち悪かった。

 

 

 

だからヤメることにしました。

 

でも、いざヤメるとなると・・・寂しい。

寂しさがどっと押し寄せてきております。

 

 

 

 

 

 

 

 

三宅洋平氏を支持しない理由

イケダハヤト氏がまとめてくださっていた。

 

www.ikedahayato.com

 

ただし・・・

>>

「科学的に確認できる真理」に基づくリーダーを。

 

という点については、同意しない。

”科学的に確認”というのは実にあいまいな表現だから。

 

科学はあくまでも「実験した結果、こういう傾向がありそうだ」ということしか言えない。

 

データを取捨選択することで意図した結果を作り上げることが可能だし、前提条件を確認しないまま結果だけが一人歩きすることがある。

 

実験データは「事実」だが、「真理」ではない。

だから「科学的に確認できる真理」というものは存在しない。

 

 

その点はさておき、トンデモ科学を信用して思想を語るという姿勢には問題があると思うので、三宅洋平は支持しない。

 

 

余計なお世話!

今日、電車の中で調子にのってふざけていた息子と喧嘩しまして。

駅にて泣いている息子から少し離れて、

息子が自分で歩いてくるのを待っておりました。

 

そしたら、ご年配の女性が

「泣いているわよ。行って抱きしめてあげて」と。

 

 

余計な御世話です!!!

 

行って抱きしめてあげられるのなら、とっくにそうしてます。

抱きしめてあげられないぐらい、イライラしてるんです。

 

 

ただ、そのイライラを息子にぶつけないよう、

せめてもの配慮として離れて見守っております。

 

 

「まだ小さいんだから可哀想よ」との一言に

私が傷ついております。

 

 

怒鳴ってる母親、

イラついている母親が

いつもそうだと決めつけないで欲しい。

 

 

そりゃー私はダメ母だけど、

(自分なりに)大切に育ててるわけで。

 

 

ほっといてくれれば、そのうち仲直りできたと思うけど、

「あんたのせいで、私が悪者にされたじゃない!!!」と

息子に余計に腹をたててしまった金曜の午後。

 

エゴの塊の私(苦笑)